看護師特定行為研修を含む認定看護師教育課程

看護師特定行為研修を含む認定看護師教育課程について

教育理念

人口構造や疾病構造の変化、在宅医療への移行を推進する医療制度等の変革時代にあって、医療の高度化・専門化に対応するだけでなく、急性期医療から在宅における療養生活に至るまで支えることのできる看護師、多職種或は地域・施設間の連携・協働に参画し、リーダーシップが発揮できる看護師が必要である。

当学園では、看護の専門性に基盤をおいた認定看護師教育に特定行為研修のメリットを活かした新たな認定看護師教育制度の中で、特定の看護分野においてあらゆる場で医療を必要とする人々に対し、臨床推論力と病態判断力に基づき、熟練した看護技術を用い、より高い水準の看護実践ができる看護師を育成することで地域の医療・看護の質向上に寄与する。

教育目的

クリティカルケア
  1. クリティカルケア分野において、個人、家族及び集団に対して、高い臨床推論能力と病態判断能力に基づき、熟練した看護技術及び知識を用いて水準の高い看護を実践できる力を育成する。
  2. クリティカルケア分野において、看護実践を通して看護職に対し指導を行える能力を育成する。
  3. クリティカルケア分野において、看護職等に対しコンサルテーションを行える能力を育成する。
  4. クリティカルケア分野において、多職種と協働しチーム医療のキーパーソンとしての役割を果たせる能力を育成する。
心不全看護
  1. 心不全看護分野において、個人、家族及び集団に対して、高い臨床推論力と病態判断力に基づき、熟練した 看護技術及び知識を用いて水準の高い看護を実践できる能力を育成する。
  2. 心不全看護分野において、看護実践を通して看護職に対し指導を行える能力を育成する。
  3. 心不全看護分野において、看護職等に対しコンサルテーションを行える能力を育成する。
  4. 心不全看護分野において、多職種と協働しチーム医療のキーパーソンとしての役割を果たせる能力を育成する。

受験資格

入学検定試験受験申請にあたっては、次の各項に定める要件をすべて満たしていること。

  1. 日本国の看護師免許を有すること。
  2. 上記の免許取得後、通算5年以上実務経験(そのうち通算3年以上は特定の看護分野下記の実務研修をしていること。
クリティカル
  1. 通算3年以上、クリティカルケア部門(救急・集中治療部門等、ただし、手術室・NICUは除く)での看護実績を有すること。
  2. 疾病、外傷、手術などにより高度な侵襲を受けた患者の看護を5例以上担当した実績(人工呼吸器等の生命維持装置を装着した患者の看護を1例以上含む)を有すること。
  3. 現在、クリティカルケア部門で勤務していることが望ましい。
  4. 救急蘇生(二次救命処置等)に関する知識・技術を有することが望ましい。
心不全看護
  1. 通算3年以上、心不全患者の多い病棟での看護実績を有すること(その間、外来、在宅ケア部門での看護実績を含んでよい)。
  2. 心不全の増悪期から回復期にある患者の看護を5例以上担当した実績を有すること。
  3. 現在、心不全患者の多い病棟あるいは外来、在宅ケア部門で勤務していることが望ましい。
  4. 救急蘇生(二次救命処置等)に関する知識・技術を有することが望ましい。