認定看護管理者教育課程「ファーストレベル」

認定看護管理者教育課程「ファーストレベル」について

認定看護管理者教育課程とは

1.認定看護管理者制度の目的

認定看護管理者制度は、多様なヘルスケアニーズを持つ個人、家族及び地域住民に対して、質の高い組織的看護サービスを提供することを目指し、看護管理者の資質と看護の水準の維持及び向上に寄与することにより、保健医療福祉に貢献することを目的としています。

2.教育課程

認定看護管理者教育課程には、ファーストレベル、セカンドレベル、サードレベルの3課程があります。

3. 認定看護管理者(Certified Nurse Administrator)とは

公益社団法人日本看護協会認定看護管理者認定審査に合格し、管理者として優れた資質を持ち、創造的に組織を発展させることができる能力を有すると認められた者をいいます。

4.認定看護管理者の活動

患者・家族や地域住民に対しより質の高いサービスを提供できるよう、自身が管理する組織の課題を明らかにし、組織内の様々な部署や人に働きかけて、組織全体のサービス提供体制の向上に取り組みます。また、地域の組織間の連携を図るなど、地域全体の医療・看護の質の向上に努めます。

5.認定看護管理者への道
日本国の看護師免許を有すること
看護師の免許取得後、実務経験が通算5年以上あること
下記のいずれかの要件を満たすこと
要件1
認定看護管理者教育課程サードレベルを修了している者
要件2
看護系大学院において看護管理を専攻し、修士号を取得している者で、修士課程修了後の実務経験が3年以上ある者
要件3
師長以上の職位で管理経験が3年以上ある者で、看護系大学院において看護管理を専攻し修士号を取得している者
要件4
師長以上の職位で管理経験が3年以上ある者で、大学院において管理に関する学問領域の修士号を取得している者
認定審査(書類審査及び筆記試験)
認定看護管理者認定証交付・登録
5年ごとに更新(看護管理実践の実績と自己研鑽の実績等)

教育理念

多様なヘルスケアニーズを持つ個人、家族及び地域住民に対して、質の高い組織的看護サービスを提供することを目指し、一定の基準に基づいた看護管理者の資質と看護の水準の維持及び向上に寄与することにより、保健医療福祉に貢献することを目的とし、認定看護管理者を育成する。

教育目的

  1. 看護専門職として必要な管理に関する基本的知識・技術・態度を習得する。
  2. 看護を提供するための組織化並びにその運営の責任の一端を担うために必要な知識・技術・態度を習得する。
  3. 組織的看護サービス提供上の諸問題を客観的に分析する能力を高める。