• TOP
  • 看護実践・キャリアサポートセンター

看護実践・キャリアサポートセンター

センター長挨拶

川崎医療福祉大学に看護実践・キャリアサポートセンターを平成28年4月に開設いたしました。
川崎医科大学附属病院と総合医療センターでは多くの看護職が看護を必要とする方々の状態にあった看護を提供、実践しています。看護職の養成と実践、研修を場と時間軸でつなげる位置に、看護実践・キャリアサポートセンターがあります。
平成29年度から、厚生労働省が指定する特定行為研修機関として看護師特定行為と、日本看護協会認定の看護管理者ファーストレベルの研修を開始しました。さらに、多くの看護職、看護を目指す高校生、あるいは地域の住民を対象に、研修や公開講座等を企画・運営していきたいと考えています。

設置目的

学校法人川崎学園医療福祉大学に設置された看護実践・キャリアサポートセンターは変化する社会や制度、そして複雑多様化するニーズに応え、地域保健・医療・福祉に貢献できる看護職の育成と個々の看護職のキャリア支援を目的としています。また、2つの川崎医科大学附属病院と協働し、多面的な視野から、より実践的な教育プログラムを企画し、運営します。

事業内容

  1. 看護職の専門性の向上に関すること
  2. 看護管理者の育成に関すること
  3. 看護職のキャリアアップ・キャリア支援に関すること
  4. 研修や公開講座等を企画・運営に関すること
  5. その他、センターの目的を達成するために必要な事業に関すること