• TOP
  • 看護実践・キャリアサポートセンター

看護実践・キャリアサポートセンター

センター長挨拶

学校法人川崎学園は、創始者の「医療と福祉は一体でなければならない」という信念に始まり「人間(ひと)をつくる、体をつくる、医学をきわめる」という3つの建学理念に基づき、各教育・医療福祉施設が緊密に連携し、人々の健康に奉仕できる人材を育成するために西日本随一の総合教育ネットワークを構築しています。

この理念を踏まえ、学校法人川崎学園の看護教育を担う4つの施設(川崎医療福祉大学、川崎医療短期大学、川崎医科大学附属病院、川崎医科大学総合医療センター)が連携・協働し、今後大きく変化する社会や制度、そして複雑多様化するニーズに応え、地域保健・医療・福祉に貢献できる看護職の育成と個々の看護職のキャリア支援を目的として「学校法人川崎学園川崎医療福祉大学看護実践・キャリアサポートセンター」を平成28年4月に開設し、地域における看護職と連携協働する介護・福祉職等の学び直しの場を提供しています。平成29年4月に開講した「看護師特定行為研修」では、呼吸管理コースと創傷・ろう孔管理コースの2コースで、保健師助産師看護師法でいうところの「診療の補助」の中で実践的な理解力、思考力及び判断力並びに高度かつ専門的な知識及び技能が特に必要とされる38行為(17区分)のうち10区分17行為の研修を実施しています。

続けて、平成29年10月からは、認定看護管理者教育課程ファーストレベルを開講しました。この課程は、多様なヘルスケアニーズを持つ個人、家族及び地域住民に対して、質の高い組織的看護サービスを提供することを目指し、看護専門職として必要な管理に関する基本的知識・技術・態度を習得することを目的にしています。

更に、平成30年5月からは、「重症化予防」というテーマで11回シリーズの研修を地域の看護職や介護職を対象に開催しています。医療技術の著しい進歩や高齢化により、多疾患有病者増え、そのような状況下でも地域で暮らすことを推進いくためには、医療職と介護職の強い連携と協働が必要です。双方が共に学びあう場、ネットワークを強化する場としてこの研修はあります。

今後も川崎学園の多種多様な優れた人材を積極的に活用し、地域の看護職などの人材育成に貢献できるよう、新たな事業を展開していきたいと考えています。

地域の看護職等の皆様、このセンターで多くの仲間と一緒に学んでみませんか?また、施設管理者の皆様、主旨をご理解いただき、ご施設の職員をご推薦いただきたく、お願い申し上げます。

看護実践・キャリアサポートセンター
センター長 山田佐登美

設置目的

学校法人川崎学園医療福祉大学に設置された看護実践・キャリアサポートセンターは変化する社会や制度、そして複雑多様化するニーズに応え、地域保健・医療・福祉に貢献できる看護職の育成と個々の看護職のキャリア支援を目的としています。また、2つの川崎医科大学附属病院と協働し、多面的な視野から、より実践的な教育プログラムを企画し、運営します。

事業内容

  1. 看護職の専門性の向上に関すること
  2. 看護管理者の育成に関すること
  3. 看護職のキャリアアップ・キャリア支援に関すること
  4. 研修や公開講座等を企画・運営に関すること
  5. その他、センターの目的を達成するために必要な事業に関すること