学外実習が始まりました

3年次生の学外実習が開始されました。実習先は川崎医科大学や川崎医科大学附属病院、川崎医科大学総合医療センターで、1人3部署の実習を行います。

臨床教授実習(診察室内にて電子カルテを確認)

その中でも臨床教授実習では、外来診察室での実習、医療文書作成、スケジュール管理、病棟回診への同行、カンファレンス見学、手術見学、講義資料の作成など、多種多様な内容の実習が予定されており、医療秘書を目指し学んできたことを活かすよい経験となっています。多忙な医師の実際を理解することで、医療秘書が医師の負担軽減に向けて、さらに何ができるのかを考え、行動できるようになることでしょう。

7月25日(日)開催のオープンキャンパスでは、実習の様子を中心としたミニ講義や写真展示を行います。実習を終えたばかりの3年次生が学生サポーターとして参加しますので、実習について直接尋ねることもできます。ぜひお越しください。

実習開始式が行われました

実習生宣誓

2021年6月10日(木)、新型コロナウイルス感染症予防対策により、マスクを着用し、フィジカル・ディスタンスを十分に確保した上で、実習開始式が行われました。

医科大学・附属病院等での実習開始が延期になっていましたので、実習生はその間学内での実習を行い、実習先で求められる知識を再復習することができました。また、実習配属先の情報収集も行い、実習開始への準備は万全です。

実習生

これから続く実習では、多くの学びが得られるよう、日々体調を整えて臨みましょう。

学外実習報告会(2019年7月27日)

5月から9週間の実習をようやく終え、3年生は実習報告会に臨みました。

現場の実習指導者の方々、在学生、教員など多数の参加者を前に、実習中に学んだ医療秘書としての役割や気づき、反省、今後に向けての目標などをスライドにまとめ、緊張しながらも自信を持って発表することができました。

お忙しい中、ご指導いただいた医療現場の皆様への感謝を忘れず、この貴重な9週間での学びを今後に活かしてください。

学外実習 期間中の振り返り

3年生は現在実習中。毎週木曜日の午後は大学に戻り、担当教員からコーチングを受けています。今週の目的、目標、そして今週の気づきや反省などを述べます。また、一人ひとりの配属部署が異なるので、情報共有もできます。

次の週の目的・目標の作成や準備ができる大切な時間です。

次週は「このような視点で見てみましょう」など、アドバイスを受けながら日々の実習に取り組んでいます。
実習はまだまだ始まったばかり。ガンバレ!

学外実習開始

3年次生の学外実習が開始されました。

大学の校舎等と廊下でつながる川崎医科大学附属病院へ

実習は、川崎医科大学、同附属病院、同総合医療センター内の様々な部署で行われます。将来、誠実で信頼される医療秘書になるために、真剣に取り組んでいます。

附属病院への渡り廊下で

ご指導いただく川崎医科大学の教授や実習現場の指導者の皆様、そして実習生を温かく応援してくださる多くの患者様に感謝しながら、多くのことを学んでいます。これからの成長が楽しみです。

オリエンテーション

実習開始式

2019年5月23日、医療秘書学科で実習開始式を行いました。

実習直前オリエンテーションを終え、これから約9週間の実習が始まります。実習先は川崎医科大学附属病院や川崎医科大学総合医療センターなど。3部署(臨床教授、医事課、その他の部署)で、それぞれ3週間ずつ実習します。

実習開始式では、川崎医科大学附属病院の職員の方から、温かい激励のお言葉をいただきました。

実習生の代表が宣誓を行い、実習開始式は終了。実習は初めての医療現場。机上では学べないことをたくさん見て、聞いて…。大きく成長してくれることを願っています。