キャリア形成支援Career formation support

キャリア(career)とは?

辞書で調べると、(職業・生涯)の経歴、生き方、または専門的技能を要する職業についていることなどと訳されています。また、英語のcareerは、経歴、履歴、生涯を意味します。個人が生涯を通じてもつ一連の職業、または職業経歴、仕事と余暇を含んだ個人の生涯に渡るライフ・スタイル(生き方)という意味で使われるケースが多くあります。

キャリア教育の定義

「学生一人ひとりに、望ましい職業観・勤労観および職業に関する知識や技能を身に付けさせるとともに、自己の個性を理解し、主体的に進路を選択する能力・態度を育てる教育」です。

キャリアとは「自分らしい生き方」を見つけること

キャリアとは、資格や職業と関連した経験だけを意味するのではなく、社会的活動、地域貢献活動、ボランティア活動など、職業に限らず幅広い意味を持ちます。すなわち、仕事、コミュニティ、家族、友達など複合的な視点で捉えます。また、組織の一員として、自分の能力を最大限に発揮し、自分自身の人生を生きていく「自分らしい生き方」とは何かを意味します。そして「自分らしい生き方」を知るために、どのような専門知識、実践経験、技術を身につければよいかを考え、実行することが「キャリアデザイン」です。

学年別キャリア形成

  • 「卒業までにどういうことを達成するか」考える

  • 「社会に関心」を持ち「学びのスキル」を身につける!

  • 「自分を知る」「社会を知る」「社会で求められる力を知る」

  • 「人生最大の選択」「自分の人生は自分で意志決定する!

1年次生

「卒業までにどういうことを達成するか」考える

大学4年間は、あっという間に卒業の時期を迎えます。この現実を捉えた場合、新入生にとって一番大事な心構えとは何だろうか。それは「卒業までにどういうことを達成するか」という明確な目標を持つことです。「卒業までに自分はこういう人間になっていたい」という強い意志を持つことができれば、大学生活の中身は自然とその方向を向いたものになり充実してきます。しかしながら、このチャンスを逃がすと、時間だけが無常に過ぎ去って行き、あっという間に何事も達成できないまま卒業式を迎えることになってしまいます。高校生から大学生になり、どんな勉強をするのか、または、どんな活動をするかは全て自分しだいです。目的意識を持って「学ぶ力」をつけ、自分自身の将来について考えることが、これからの大学生活を充実させることに繋がるのです。

2年次生

「社会に関心」を持ち「学びのスキル」を身につける!

2年次生になると、自分をしっかり理解し、将来を見据えて、自分自身の発見と、自分の生きがいを見定めていくことが大切な時期となります。サークル活動、ボランティア活動、社会貢献活動など、組織の一員として自分の能力を発揮し、「自分らしい生き方」を知るために、大学生活の中で、自らを磨き、個性豊かな能力溢れる自分を育てていく大切な時期となります。

3年次生

「自分を知る」「社会を知る」「社会で求められる力を知る」

人生最大の選択!それは「就職」です。大学入学がゴールで無かったように、就職することも決してゴールではありません。「社会で働くことはどのようなことなのか」「自分はいったい何者で、何がしたくて、何が出来るのか」を洞察しながら、大学で学んだ理論(知識・知恵・工夫)と実践(体験・活動)の中から将来をプランニングする行動が重要とされます。 しかしながら、自分の能力、特技、大学での専攻科目などが仕事とどのように結びつくのか、または、仕事を通してどのような「価値」を見出しているのか、残念ながら気づいていない学生が多くいます。それは、自らが意識して職業を選択していないからです。「自分が好きなこと(興味)」「楽に出来ること(能力)」「自らの活動(経験)」「重要だと信じていること(価値観)」を切り口に自己概念を明確にしていきます。

4年次生

「人生最大の選択」「自分の人生は自分で意志決定する」

世の中には数えきれないほどの職種があって、まるでプラネタリウムの星探しと同じ様に、仕事を探すことは大変な作業です。そのためには、仕事の“本質”を理解し、働くことの「目標」と「目的」を明確にすることが重要となります。大学とは「教わる」のではなく、「学ぶ場」です。学生には答えがひとつではなく、幾つもあるのです。したがって、仕事に対して「自らの方向性を探し、自らが意志決定する力」が求められます。
例えば、企業・病院・福祉施設等は、採用活動のため「会社説明会」「病院説明会」「福祉の職場説明会」などを積極的に展開しています。これは学生自身に自らの職場について、仕事内容、業界の動向等をより深く知ってもらうために実施しているのです。したがって、学生にとっては、またとない絶好のチャンスとなり業界研究の場となります。しかしながら、そのことに気づいている学生はごくわずかしかいません。
これからの就職活動で大切なことは、様々な説明会に足を運び、自分に合った「仕事探しの旅」に出かけることです。さらに、人事担当者やそこで働いている方々から「生の声」を実際に聞き、自分の果たすべき役割(何をしたいのか、何が出来るのか)を明確にし、コミュニケーション能力や自己表現のコツを身につけるのです。すなわち、積極的に行動し、熱意を持って自らをアピールすることにより、「不安」から「自信」に、「自信」から「確信」に繋がり、「学ぶ力」をつけるのです。