保護者就職懇談会Parent's employment reception

2018年度 感覚矯正学科 言語聴覚専攻

保護者就職懇談会(言語聴覚専攻)

開催日

2019年3月9日(土)

参加人数

全体説明会30名(28組)
全体説明会では,4年次の学外臨床実習,国家試験対策,就職活動について概説致しました。

就職状況等から見る学科の特徴

例年多くの学生は9月頃から就職活動を開始し12月頃まで活動を継続することが多く、12月頃までに内定を頂けない場合は、国家試験受験後の2月下旬から3月に再度就職活動を行うことが多いです。

就職活動の方法・注意点等

就職活動の方法は、就職支援センターの求人から検索することが多く、実習先への就職、自己開拓が数件です。
また、最近は福祉施設の求人も増加している一方で、中国四国地方では求人数に対し就職希望人数が増加しており競争率も高くなっています。

保護者の方へ

言語聴覚士の場合、一施設で1名ないし若干名の募集が多く、一般的な就職活動とは異なり、就職試験の結果が出るまでは他の施設の就職試験を受けることができませんので、早めの就職活動が大切です。

前年度の主な就職先

川崎医科大学附属病院、川崎医科大学総合医療センター、荒木脳神経外科病院、阪神リハビリテーション病院、岡山済生会総合病院、 回生病院、松山リハビリテーション病院、福山記念病院、総合病院津山第一病院、大阪市立総合医療センター、西宮協立脳神経外科病院、岸和田リハビリテーション病院、岡山リハビリテーション病院、脳神経センター大田記念病院、HITO病院、岡山市立市民病院、倉敷紀念病院など
岡山県のみならず多くの都道府県から内定を頂いています。