保護者就職懇談会Parents' job hunting party

2019年度 健康体育学科

保護者就職懇談会〔健康体育学科〕

開催日

2019年11月16日(土)13:30~16:00

参加人数

保護者29組40名(面談28組39名)、教職員15名

就職状況等から見る学科の特長

本学科学生の就職希望職種には、①教員(保健体育科教諭、養護教諭)、②運動指導、③公務員(消防・警察・役所など)および④一般企業があります。また、専門性を高めるために⑤大学院や専門学校等に進学する学生もいます。

教員採用試験では、数年にわたり現役合格者が出ています。教職関係の教員も充実しており、教員を目指す学生にとっては大きなチャンスです。

運動指導関係の職に就く学生は、例年10名程度です。本学科では、健康運動指導士や健康運動実践指導者など、運動指導に必要な資格を取得できるように指導しています。

公務員試験(消防・警察・市役所など)の合格者数は、例年二桁に達しています。また、約3割の学生は一般企業(医療機器、自動車関連、銀行など)に就職しています。

就職活動の方法・注意点等

今年度の教員採用試験では、保健体育教諭に1名が現役で合格しました。教員希望者はゼミ活動や教員採用試験に向けた勉強会などを通して実力をつけて欲しいと思います。

運動指導分野は大学で学んだ内容が活かせる職種です。しかし、一施設あたりの採用人数も少ないため、日頃から求人情報をこまめにチェックしてください。

公務員を希望する学生は、学外業者による公務員対策講座などを活用し、早い時期から試験対策に取り組んでください。

一般企業を希望する学生は年々増加傾向にあります。インターンシップ制度などを活用し、希望する職を実際に体験することも重要です。

大学院進学を希望する学生には、ゼミ担当教員が中心となって学生の希望と将来を鑑みた個別指導を行っています。

保護者に伝えたいこと

新年を迎えるまでには、①~⑤のいずれかの進路を定めておく必要があります。家庭内で話し合う機会をできるだけ多く持っていただき、早めに進路が決められるよう、ご支援・ご協力をお願いいたします。

前年度の主な就職先

岡山県教育委員会(保健体育科教諭、養護教諭)、医療機関、スポーツクラブ、福祉施設、公務員(消防士、警察官、役所)、一般企業(医療機器、自動車関連)など