保護者就職懇談会Parents' job hunting party

2019年度 臨床心理学科

保護者就職懇談会

開催日

2019年11月16日(土)

参加人数

出席保護者13組15名、面談10組

就職状況等から見る学科の特徴

2018年度卒業生の就職先は、一般企業(医療機関や福祉施設の事務職を含む)が最も多く、次いで社会福祉法人や医療福祉系企業(支援員等の専門職)が多くなっています。また、公認心理師や臨床心理士資格の取得を目指して10名が大学院に進学しました。2015年度より開始した精神保健福祉士の養成カリキュラムが完成年度を迎えました。2019年2月の国家試験には7名の受験者全員が合格し、進学者等を除く3名が精神保健福祉士として就職しています。

就職活動の方法・注意点等

本学科では3年生を対象に計8回、定期的に各々の希望進路(大学院進学、専門職、一般企業)別にキャリアデザインの形成支援を行っています。臨床現場での専門職や一般企業への就職を目指す学生に対しては、就職支援センター主催の各種講座への参加、インターンシップへの参加、関連諸資格の取得、ボランティア活動への参加を推奨するほか、学科独自のプログラムを展開しています。大学院進学希望者に対しては、大学院での学びの意義に加え、大学院修了後の就職について熟考する機会を持っています。就職先によって情報公開や採用試験の時期が異なり、求められる知識や経験も異なります。それらに対応した就職活動を組み立てる必要があります。準備を怠らず、万全の態勢で就職活動に取り組んでほしいと願っています。

保護者に伝えたいこと

2017年9月に公認心理師法が施行され、本学でも2018年度から公認心理師養成の教育課程が始まっています。それ以前の入学生に対しても、公認心理師法附則第二条に定められる「受験資格の特例」について情報提供と履修指導を行っています。学科オリジナルHPでも関連する内容を紹介しています。本学科としても、学生のキャリアデザインの実現に向けて鋭意取り組んでおりますので、ご理解、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます

前年度の主な就職先

こころの医療たいようの丘ホスピタル、希望ヶ丘ホスピタル、旭川荘、クムレ、津山みのり学園、尾道さつき会、介護老人保健施設サンライフ倉敷、悲眼院、岡山市消防局、兵庫県警察本部、富津市、創心會、ベネッセスタイルケア、サンキ・ウエルビィ、放課後等デイサービス JOY KIDSデイサービス JOY KIDS、コスモス薬品、サキヤクリエイト、いのうえ、エイジャック岡山オフィス、鴎洲コーポレーション、岡山スバル自動車ほか