就職対策講座Employment measures courses

第5回「就職活動本番に向けて」

開催日時 2018年12月12日(水)14:30~16:00
場所 講義棟4602教室
講師 株式会社山陽新聞社 営業局営業企画部 部長 上原 誠一 氏

株式会社山陽新聞社の上原 誠一氏をお招きし、今後の就職活動のスケジュールや準備すべきことについてお話いただきました。

概 要

  1. 本当の就職活動スケジュール
  2. 差がつく情報収集法、就職活動術
  3. やれば簡単に効果が上がるもの

まず、今年度の就職活動の傾向を押さえたうえで、来年3月からの就職活動のスケジュールについてご説明いただきました。
次に、ライバルに差をつける効果的な情報収集法や、就職活動に役立つ効率的な新聞の読み方について具体例を交えながら分かりやすくお話いただきました。
最後に、取り組めば簡単に効果が上がるものとして、就職活動のマナーや自己PRの書き方等についてお話いただきました。そして、就職活動を今後も応援していますと励ましのお言葉をいただきました。

参加学生の感想文から抜粋

  • 自己PRのこと、エントリーシートのこと、学生時代にがんばったこと等、採用担当者にどのように伝えるかが学べて、本当に良かったです。これから、コミュニケーション能力を高めていきたいと思います。
  • 他のイベントで聞いたことがないことをたくさん聞くことができて良かったと思いました。また、改めて新聞を読む大切さがわかったので、少しずつでも読んでいこうと思います。
  • 今日の講座を聞いて、新便を読むことが大事なことだとわかりました。また、就職活動本番に向けて、SPI対策や合同説明会、自己分析などを行うようにしたいと思います。
  • 学生時代にがんばったことや自己PRは自分の経験ばかり述べてしまいがちですが、学んだことや身についたことと求める人物像をマッチさせて書いたほうが良いことがわかりました。そのためには、自己分析と採用担当者が求める人材像を知ることを同時に進めていくべきだと思いました。
  • 少しずつ企業研究をしていましたが、他の学生に比べるとまだまだだと痛感しました。経済記事等に目を向けて知識を身につけたいです。
  • インターンシップ等、自分の目で見て直接体験することは必要だと感じたため、今後の予定を考え直していきたいと思います。