就職対策講座Employment measures courses

第1回「職場・業界研究の進め方」

開催日時 2018年10月3日(水)15:10~16:40
場所 講義棟4602教室
講師 株式会社マイナビ 長井 遥 氏

株式会社マイナビの長井 遥氏をお招きし、職場・業界研究の進め方のポイントについてお話いただきました。

概 要

  1. 基本知識(業界の区分を理解)
  2. 職場研究(職場の情報を得よう)
  3. 自己理解(仕事に希望を持とう)

まず、仕事は今後の人生の中で占める割合が大きく、将来を見据えたうえで選択しなければならないというお話から、ワークシートを使って希望する業界の概要や動向等を調べました。
次に、その業界の中でも、なぜこの職場で働きたいのかを追求するためにワークシートを使って職場研究を行いました。また、情報を得る手段として、ホームページを見たりインターンシップに参加したりとさまざまな方法をお話いただきました。
最後に、自己理解を深めて自分に合う職場を見つけるために、今から積極的に情報収集に取り組んでほしいとのメッセージをいただきました。

参加学生の感想文から抜粋

  • 就職活動を行ううえで、スケジュール管理は重要だと思いました。活動の方法や内容等、準備の仕方について知ることができて良かったです。今日の内容を参考にしながら、自己分析を進めていきたいです。
  • 結果がどうであれ、自己分析をしっかりすることが大切だと思いました。自分にとって「良い職場」を見つけられるよう、毎日自分を見つめることをしていきたいと思います。
  • 就職活動をしていくのに、まず自己分析と情報収集が基礎であり、とても重要なことであることがわかりました。これから活動を進めていく準備として自己分析と情報収集を行いつつ、面接でしっかりコミュニケーションが取れるよう、対策をしていく必要があると思いました。また、節目に目標も立てておくようにしたいと思います。今回のガイダンスや講座で得られたものを活かしながら、就職活動を進めていこうと思います。
  • インターンシップや職場見学をしっかり行い、今から準備を進めなければいけないと思いました。また、職場内の雰囲気を自分の身で感じることにより、その職場が自分に合ったところなのか見極める必要があると思いました。
  • 自己分析が何より重要だと思いました。自分が一番何をしたいのか、どんな性格で何に向いているのかわかったうえで情報を得ると、自分とつながっている部分を多く見つけられるのではないかと思いました。