就職ガイダンス (3年次生対象)Employment Guidance (Third year students)

3年次生対象「第1回就職ガイダンス」

講演の様子

開催日時 2018年4月25日(水) 16:10~17:40
場所 講義棟2601教室

就職支援センターでは、これから就職活動を開始する3年次生を対象に、就職活動の準備や、活動を計画的に行うため「就職ガイダンス」を開催しています。

「第1回就職ガイダンス」では、就職支援センターの利用のしかた、3年次生に配布した「就職の手引き」の解説、就職情報サイトの登録についての説明をしました。

参加学生の感想文から抜粋

  • 自分を知ることで他者との関わりを考えるきっかけになるということが、とても印象的でした。また、色によって個人を知ることができるという考えが面白かったです。友人との性格の違いが見え、個々を尊重する大切さに気づくことができました。
  • コミュニケーション能力はどこに行っても求められるのだと、改めて感じました。
  • 就職までのプロセスの中で、手法・方法等の技術が重要であり、事前に「自分について見直す」「自分について考える」、その上で、「将来について考える」「将来を見据える」ことが重要だということが理解できました。
  • 就職活動に向けて、具体的に何をしたら良いのかわかりませんでしたが、今日の話を聞いて、この時期にじっくりと自己分析し、なりたい自分になるためには何をすればいいのか考え、行動していこうと思いました。
  • 「これまでやってきたことが自己資源となる」という言葉が印象的でした。何も考えないでいたら出遅れてしまうと思いました。自分のしたいことを明確にし、目標を持って「自己資源」を増やしていこうと思いました。
  • 就職活動の流れを知ることができてとても良かったです。今のうちから色々な情報を知っていかなければいけないと感じました。また、将来についてもっと考えていかなければいけないと思いました。
  • 将来を考えていく上で最も重要なことは、自分自身をよく知ることだということがわかりました。今までの経験を振り返り、これからどうしていきたいのか、自分の将来についてしっかりと考えていこうと思います。
  • 「現在は過去の結果であり、未来の原因である」という言葉が印象に残りました。就職に向けて、キャリアデザインをしていかなければいけないと思いました。
  • 着実に自分にできることをやっていくことが大切だと思いました。本当の自分を理解してもらい、採用してもらえるように努力していくことが必要だと思いました。