京都大学医学部附属病院 説明会

2018年3月6日、京都大学医学部附属病院の方による事務系職員採用に関する説明会が本学で開かれました。

 

採用担当者の方の説明や本学科OGのプレゼンテーションがあり、グループに分かれての懇談も行われました。

その他の医療機関の説明会なども予約が始まり、いよいよ就職活動が本格化しています。

皆頑張ってくださいね!

医療秘書学科の就職先に関してのページはこちらです。

雨ですが、学園祭も、キャンパス・ショーケースもやってます!

天気の悪い週末ですが、川崎学園では学園祭、川崎医療福祉大学では、キャンパス・ショーケースとして、各学科などの紹介をやっています。

2階フロアを中心に、学科ごとのブースでお待ちしています。

教員も在学生も待機していますので、お気軽に声をかけてください。

イベントの全体的なご案内は、下記、川崎医療福祉大学サイトをご覧ください。

https://w.kawasaki-m.ac.jp/exam/opencampus/

オーストラリアでの研修に参加しました!

2017年9月、オーストラリア・クイーンズランド州にあるグリフィス大学で実施される海外研修に、本学学生11名が出発しました。そのうちの2名は、医療秘書学科の1年生です。

出発から帰国までの様子は、大学のwebサイトにも掲載されています。

写真の中で、皆がサングラスをかけているのは、紫外線がとても強いため。2006年当時、オーストラリアでは、日本の8倍の紫外線だと言われていました。帽子やサングラスは必需品です。

過去の研修の様子などは、こちらをクリックしてご覧ください。

学外実習報告会

2017/08/12に医療秘書学科の実習報告会を開催しました。

3年生は、9週間の実習を終え、テーマを決めて、発表内容をまとめました。

2年次秋学期の実習概論で、学外実習の目的・目標を考え、実習の中で、それをどう実現するかを考え、行動してきました。

2年生も司会やタイムキーパー等のスタッフとして活躍してくれました。

この秋からは、2年生の本格的な準備が始まります。頑張って!

黒木由美先生、日本医療秘書学会で日野原重明賞(口頭発表賞)受賞

2017年2月19日(日)に福島県郡山市ホテルハマツで開催された日本医療秘書学会第14回学術大会において、本学科の黒木由美先生が日野原重明賞を受賞されました。

タイトルは「『段取りマネジメント』能力を備えた人材育成  ~クリニカルセクレタリー®育成プログラムの概要~」で、医療秘書学科でのクリニカルセクレタリー育成についての報告です。

川崎医療福祉大学 医療秘書学科における、このような教育の実践を広く関係者に知っていただき、日本における医療秘書のレベルの向上に尽くしていきたいと考えています。

BP:クリニカルセクレタリー育成プログラムについて

川崎医療福祉大学 医療秘書学科では、社会人を対象とした「クリニカルセクレタリー育成プログラム」を2017年4月より開講いたします。

本プログラムについては、専用サイト「BP:クリニカルセクレタリー育成プログラム 川崎医療福祉大学 医療秘書学科」を用意しております。

詳細な内容、また、展開される教材などは、上記のサイトをご覧ください。

2017/03/30 医療秘書学科


BP:クリニカルセクレタリー育成プログラム – 川崎医療福祉大学 医療秘書学科

本プログラムは、2016年12月21日、文部科学省の平成28年度「職業実践力育成プログラム」(BP)の認定を受けました。

文部科学省 平成28年度「職業実践力育成プログラム」(BP)の認定について(外部サイトへリンクしています)

「本認定制度は、大学・大学院・短期大学・高等専門学校におけるプログラムの受講を通じた社会人の職業に必要な能力の向上を図る機会の拡大を目的として、大学等における社会人や企業等のニーズに応じた実践的・専門的なプログラムを「職業実践力育成プログラム」(BP)として文部科学大臣が認定するものです。」

医療秘書学科1期生の卒業研究発表会を行いました(2008年12月20日)

医療秘書学科では、これが第1回目の発表会となります。卒業論文の締切から発表会までは、非常に短期間でしたが、締めくくりとして、良いプレゼンテーションを行うことができたと思います。

また、3年生が運営に参加したほか、2年生が来年度のゼミ選択の参考にするために出席しました。

開会:実行委員長挨拶
学科長挨拶
プレゼンテーション:その1
プレゼンテーション:その2
ゼミによっては、英語でのプレゼンテーションを行います。
閉会式:実行副委員長挨拶