2020 サマースクール開催 

2020年8月22日(土)9:00~11:30に、年にたった1度の医療秘書学科のサマースクールの開催を予定しております。

スケジュールは以下のとおりです。

9:00-9:30 医療秘書のお作法 (医療機関で働く際のルールやマナー)
9:30-10:00 医学的からだの部分と描き方
休憩(10分)

10:10-10:40 医師の隣でカルテ記載
10:40-11:10 だんどりマネジャーになるために
11:10-11:20 クリニカルセクレタリーの実技披露
11:20-11:30 まとめ(終了)

会場:川崎医療福祉大学本館棟6階 6105実習室(岡山県倉敷市松島288)

申込方法 

お申込みは下記のフォームからお願いいたします。
申込〆切は、2020年8月12日(水)です。
対象は高校生(先着30名)です。

または、上記のフォームに入力する情報を、電話、ハガキ、メールなどでご連絡ください。              

〒701-0193 岡山県倉敷市松島288 

川崎医療福祉大学医療福祉マネジメント学部 

医療秘書学科 サマースクール係 

e-mail: msa@mw.kawasaki-m.ac.jp  

電話:086-462-1111(代)内線54612(医療秘書学科準備室)         

*この電話にかけていただきますと、川崎学園の電話交換が出ますので、「内線番号54612」もしくは「医療秘書学科準備室」につないでもらってください。

*なお、電子メールで申込みをされる場合には、川崎医療福祉大学からのメール(@mw.kawasaki-m.ac.jpのドメイン)を受信できるように設定しておいてください。

印刷用のPDF

卒業研究発表会

12月21日、医療秘書学科12期生の卒業研究発表会が開催されました。2年間にわたる研究成果を発表する研究活動の締めくくりです。

開会式の様子
4年次生は各自の研究内容を発表

ゼミ担当教員からの指導を受けながら、各自の研究テーマを深く掘り下げ、論文としてまとめることができました。研究テーマはクリニカルセクレタリーや働き方改革、外国人の診療受け入れなど、現在医療の現場で注目されている内容であり、研究方法に関してもアンケートやインタビュー調査など多岐にわたるものでした。これから働く医療の現場で、きっと役に立つことでしょう。お疲れ様でした。

ライフデザイン講座

おかやま出会い・結婚サポートセンター主催のライフデザイン講座が開催されました。これは、岡山県の事業の一つとして行われています。
この講座の目的は、今後の人生を長期的視点で考え、大きな分岐点で主体的・自律的な選択をするためのヒントを見つけることです。

妄想用「婚姻届」を記入することから、就職や転職、結婚や子育てなど、各自今後の人生をデザインしてみました。講師の先生のお話やグループに分かれてのディスカッションを通して、これからのライフデザインを真剣に考える良い機会となりました。

就職ガイダンス

就職ガイダンスが実施されました。

前半は就職委員の先生から就職活動に向けた活動内容等の詳細な説明があり、後半は卒業生や4年次内定者からの報告に学生は耳を傾けました。

卒業生や4年次内定者からの就職活動報告
3年生は真剣な表情
ご報告いただいた皆さん
卒業生: 愛媛ホスピタルパートナーズ(愛媛県立中央病院) 、倉敷平成病院
4年次内定者(川崎学園、カイタックホールディングス)

1年・2年次生からでも始められる就職活動の視点など、やはり経験者からの報告は役立つ内容ばかりでした。3年次生は実習も終わり、就職活動準備に取り掛かる時期です。ご報告にもあったように、「計画的」に活動を進めていきましょう。

日本医療秘書実務学会サポーター

2019年8月31日(土)から2日間、日本医療秘書実務学会第10回記念大会が開催され、医療秘書学科の4年次生7名と3年次生3名がサポーターとして参加しました。

サポーターのみなさん
当日の受付や案内は、すべて学生が担当

前日の準備から当日の受付や会場案内、研究発表のタイムキーパ―、終了後の後片付けまで、学生同士段取りよく協力しながら、責任を持って担当してくれました。演習の授業で学んだ接遇やマナー・言葉遣いを活かす、よい機会となったようです。この貴重な経験は、きっと医療現場でも活かされることでしょう。みなさん、お疲れ様でした。

サマースクール2019

8月3日土曜日にサマースクールを開催しました。これは医療秘書の仕事内容などを理解していただくために、1年に1回開催される貴重な行事です。

医療秘書のお作法を学んだ後、診察室内で医師をどのように補佐するのかを体験、最後にプロジェクトをマネジメントするために必要な「段取り」についての説明を受け、簡単な例をもとにチャレンジしていただきました。

参加した高校生の感想は「医療秘書の仕事内容がよくわかった」、「段取りは計画的に進めるときにいつも使えそうです」など、今回もとても好評でした。高校生・保護者の皆様、暑い中ご参加いただきありがとうございました。

学外実習報告会(2019年7月27日)

5月から9週間の実習をようやく終え、3年生は実習報告会に臨みました。

現場の実習指導者の方々、在学生、教員など多数の参加者を前に、実習中に学んだ医療秘書としての役割や気づき、反省、今後に向けての目標などをスライドにまとめ、緊張しながらも自信を持って発表することができました。

お忙しい中、ご指導いただいた医療現場の皆様への感謝を忘れず、この貴重な9週間での学びを今後に活かしてください。

学科公開セミナーを開催しました

2019年6月29日(土)に医療秘書学科の学科公開セミナーを「医療現場のチーム・マネジメント」というテーマで開催いたしました。

医療現場のチーム・マネジメント(山本智子教授・学科長)
チームを動かす(今林宏典教授)
チームの成果を財政的に評価(須藤芳正教授)

「チーム医療」におけるチームの形成、チームを動かすためのバックグラウンドとなる組織行動についての知識、財政面でチームを評価するためのポイントなど、各教員の専門の視点から約1時間ずつの講義を行いました。

参加された方には、現場のマネジメントやチーム形成についての取り組みをこれから行う方などの背景があり、講義終了後も熱心な質問がなされました。 皆様、遠い中、また暑い中をお越しいただき、ありがとうございました。

一般の方や医療秘書学科の卒業生だけではなく、川崎医療短期大学(医療秘書科)、川崎医療福祉大学(医療福祉学科、医療情報学科、医療福祉マネジメント学科)の卒業生も参加されました。
川崎医療福祉大学 医療秘書学科では、今後も社会人・卒業生にも役立つプログラムを提供していく予定です。どうぞ、お気軽にお越しください。

オープンキャンパス(6/16)

前日までの大雨もすっかり上がり、スッキリした青空。オープンキャンパスに相応しい日となりました。多くの高校生が「医療秘書学科」の展示室を訪問してくれました。

在学生が分かりやすく説明
卒業生もサポーターとして活躍

サポーターは在学生や卒業生。高校生や保護者からの熱心な質問に丁寧に答えていました。

実習や就職の新着情報!
電子カルテの代行入力にチャレンジ
異文化コミュニケーション体験

異文化コミュニケーションや実習で行う電子カルテの代行入力は大人気!

ミニ講義(チーム医療で求められる医療秘書のコミュニケ―ション力)

体験学習やミニ講義を通して、医療秘書の世界に触れていただくことができました。多数ご来場いただきありがとうございました。

次回は7月21日 日曜日です。新着情報をご用意してお待ちしています。

6/16(日)はオープンキャンパス!

梅雨のシーズンらしくなってきました。
そんな中、次の日曜日、2019年6月16日には、川崎医療福祉大学のオープンキャンパスが開かれます。川崎医療短期大学、川崎リハビリテーション学院との合同開催です。

医療秘書学科では、ミニ講義「チーム医療で求められる医療秘書のコミュニケーション」(11:30~、13:00~の2回実施)、体験実習(10:00~15:00)は「異文化コミュニケーション」と「電子カルテ代行入力体験」を用意して、皆様をお待ちしています。

会場には学科の卒業生も待機して、就職や実際の仕事などについてもお話しします。

全体のタイムスケジュールやプログラムは、大学のサイトをご覧ください。

https://w.kawasaki-m.ac.jp/exam/opencampus/ オープンキャンパス2019

皆様のお越しをお待ちしております!