学科公開セミナーを開催しました

2019年6月29日(土)に医療秘書学科の学科公開セミナーを「医療現場のチーム・マネジメント」というテーマで開催いたしました。

医療現場のチーム・マネジメント(山本智子教授・学科長)
チームを動かす(今林宏典教授)
チームの成果を財政的に評価(須藤芳正教授)

「チーム医療」におけるチームの形成、チームを動かすためのバックグラウンドとなる組織行動についての知識、財政面でチームを評価するためのポイントなど、各教員の専門の視点から約1時間ずつの講義を行いました。

参加された方には、現場のマネジメントやチーム形成についての取り組みをこれから行う方などの背景があり、講義終了後も熱心な質問がなされました。 皆様、遠い中、また暑い中をお越しいただき、ありがとうございました。

一般の方や医療秘書学科の卒業生だけではなく、川崎医療短期大学(医療秘書科)、川崎医療福祉大学(医療福祉学科、医療情報学科、医療福祉マネジメント学科)の卒業生も参加されました。
川崎医療福祉大学 医療秘書学科では、今後も社会人・卒業生にも役立つプログラムを提供していく予定です。どうぞ、お気軽にお越しください。

6/16(日)はオープンキャンパス!

梅雨のシーズンらしくなってきました。
そんな中、次の日曜日、2019年6月16日には、川崎医療福祉大学のオープンキャンパスが開かれます。川崎医療短期大学、川崎リハビリテーション学院との合同開催です。

医療秘書学科では、ミニ講義「チーム医療で求められる医療秘書のコミュニケーション」(11:30~、13:00~の2回実施)、体験実習(10:00~15:00)は「異文化コミュニケーション」と「電子カルテ代行入力体験」を用意して、皆様をお待ちしています。

会場には学科の卒業生も待機して、就職や実際の仕事などについてもお話しします。

全体のタイムスケジュールやプログラムは、大学のサイトをご覧ください。

https://w.kawasaki-m.ac.jp/exam/opencampus/ オープンキャンパス2019

皆様のお越しをお待ちしております!

G20保健大臣会合ー岡山市プロモーション動画:Tim先生が紹介しています!

今年のG20保健大臣会合は、岡山市で10月に開催されます。そのプロモーション動画で、医療秘書学科のTim Cleminson先生が、いろいろな紹介をしています。

岡山について熱く語るTim先生

動画はこちら

G20保健大臣会合については、以下で説明されています。
https://www.japan.go.jp/g20japan/okayama.html

学科公開セミナーを実施します 2019年6月29日(土)

医療秘書学科では、学科公開セミナーを開催します。

「医療現場のチーム・マネジメント」をテーマとして、医療秘書学科の教授陣が解説いたします。

医療機関の事務系職員の方を対象とした、無料セミナーです。

お申し込み・詳細なプログラムは、以下のページからご覧ください。

2019年3月17日(日)オープンキャンパスを開催します

2019/3/17(日)13:00~16:00に川崎医療福祉大学でオープンキャンパスを開催します。

医療秘書学科では、6階西ウィングで、次のようなミニ講義や体験実習を用意して、皆さんをお待ちしています。

ミニ講義「医療費ってどうなっているの?
 ~カルテの内容から請求書作成まで~」
 担当:黒木由美准教授
体験実習1「異文化コミュニケーション」
 担当:Tim Cleminson講師
体験実習2 「秘書の立居振舞」
 担当:田村久美准教授
展示教科書・教材、医療秘書学科で取れる資格、就職先など

医療秘書学科の学生も大勢サポーターとして参加しています。気軽に質問してみてください。

大学全体のスケジュールは 以下のページをご覧ください。https://w.kawasaki-m.ac.jp/exam/opencampus/

川崎医科大学附属病院の見学ツアー(整理券が必要)や、新・女子学生寮のモデルルーム見学会などもあります。

RSKラジオ「あも~れ!マッタリーノ」出演

2019年2月28日(木)RSKラジオ「あも~れ!マッタリーノ」で、医療秘書学科の紹介を行いました。昨年の山本智子学科長の出演に引き続き二回目です。

医療現場の忙しさの中で「医師の働き方改革」や病院の業務効率向上、患者さんへのサービス向上などを行うために、医療秘書がどんな仕事ができるのか、という点から始め、大学での学びや就職先などについてお話してきました。

パーソナリティの皆さん、スタッフの皆さん、お世話になりました。ありがとうございました!

表町のサテライトスタジオにて

広島大学病院の説明会が実施されました

昨日は、岡山県南部には珍しく雪になりましたが、今日は晴天。

そのような中、広島大学病院の方が来られて、医療福祉マネジメント学部の学生を対象に説明会が開かれました。

医療秘書学科の学生は先日診療情報管理士の試験を終えたところですが、気持ちを切り替えて、熱心に参加していました。

本学の学生は、川崎医科大学附属病院で実習を行っていますが、また違った病院での話を聞くことで、発見することも多かったのではないかと思います。

医療機関の採用活動はこれから盛んになります。頑張って、希望の職に就いてください!

日本レセプト学会で、医療秘書学科学生が最優秀賞受賞しました

2019年1月26日に愛知県で開催された日本レセプト学会 第1回学術大会において、医療秘書学科4年生の筒井七海さんと中村弥生さんが最優秀賞を受賞しました。

発表のタイトルは「医療事務職に求められる人材像 -受付業務に関わる機器が与える影響-」というもので、卒業研究の内容をまとめたものです。

本研究で実施したインタビュー調査については、対象者の選定・調査時期・アポイントメント・質問項目の設定など、授業で学んだ「段取り」力を発揮し、入念な計画を立てて進めました。この「段取り」力はチーム医療の中で医療秘書には欠かせない能力です。その他、これまで学んできた様々な内容が4年間の集大成として実を結び、受賞の運びとなりました。

4年生はもうすぐ卒業で社会人となりますが、就職してからも、こういった段取りの力を発揮し、業務改善等にあたってほしいと思います。

大学院 中間研究発表会を実施しました

2019年1月25日(金)大学院 医療秘書学専攻の中間研究発表会を実施しました。

社会人大学院生として、職場の業務における問題について取り上げました。

発表の後には、質疑応答が活発に行われました。これらを元に、さらに研究を進めていきます。

川崎医療福祉大学 大学院では、広く社会人の大学院生も募集しております。