「チーム医療」を担うスペシャリストを育て地域の医療福祉を守る

地域の人々が生涯にわたり、必要なときに適切な医療福祉サービスを受けることができる安心は地域社会とその地域に根ざした医療の緊密な連携のもとで生まれます。 さらに、各専門分野の医療人がチームとなって力を結集することにより、一人の患者さんへのより手厚い治療やケアが可能となります。
川崎学園は将来にわたって地域の医療福祉を守り、質の高い安全な医療を提供するためチーム医療を担うスペシャリストを育てています。

現在の医療現場はチーム医療によって成り立っています。

診断技術や治療の高度化・複雑化に伴って専門分化が進み、医師だけでは様々な情報を総合して判断することが困難になってきています。
質の高い安全な医療へのニーズに応えるには、情報と意見を多職種で交換しながら意思決定を行っていくことが不可欠になっています。

チーム医療の現場で活躍する
スペシャリスト