保健看護学科 受験生へメッセージ Department of Nursing

在学生の声

充実した実習環境の中、可能性が広がる4年間にしたい。

在学生の声
幼い頃からの夢だった看護師になるために4年制の本学を選んだのは、どんな看護師になりたいのか、将来何科に進むのかなど、看護師の本質を問い、可能性を広げたかったから。現在1年生ですが、学内にドクターヘリが常駐して活動している場面や、大学での勉強や実習を通じて、救急医療や災害派遣医療などにも興味を持つようになりました。先生方はいつも親身に指導してくださいますし、一緒に学ぶ仲間はみんな勉強熱心。授業以外でも学んだ技術を自主的に練習するなど積極的です。これから始まる川崎医科大学附属病院、川崎医科大学総合医療センターでの実習では、最先端の医療を学びたいと思っています。

卒業生の声

実習で出会えた、理想の先輩看護師を目標にして。

卒業生の声
学生時代を振り返れば、入学して間もない頃の旭川荘での実習で、看護の原点を学べたと感じています。早い段階からの実習や、充実した専門科目の学びを通して、在学中に将来像を明確にできました。今は川崎医大附属病院に勤務しており、循環器、呼吸器の疾患を持つ患者さんが担当です。変化する病態の観察力や対応力を身に付け、患者さんとの時間を大切にして、看護師としての感性を養う毎日を送っています。