保健看護学科 受験生へメッセージ Department of Nursing

在学生の声

充実した環境での学びを生かして。

在学生の声
私は保健師受験資格の取得を目指し、3年生から公衆衛生看護学コースに進むために勉強に励んでいます。入学後の早い時期から旭川荘に実習に行き、利用者さんとの関わりから多くのことを学びました。また、1年生の後期からは看護技術演習も始まり、患者さんへ安全・安心に配慮したケアが提供できるよう、学生同士で授業時間外も練習に励み、切磋琢磨しています。これから隣接する川崎医科大学附属病院を中心に本格的な実習が始まります。充実した教育環境で学べることは大きな魅力です。本学科には川崎学園奨学金制度等、利用できる「強み」がたくさんあります。皆さんも保健看護学科で「看護」とは何かを考え、深い学びを行う4年間にしていきませんか?

卒業生の声

看護の道はいかがですか?

卒業生の声
看護を学ぶ学生が成長する機会として、看護学実習はとても重要なものですが、この看護学実習を川崎医科大学附属病院、旭川荘などの川崎学園の医療福祉施設で行えたことは、今の自分の看護力、特にコミュニケーション力の礎となっています。
地元倉敷で育ったため、最先端の設備を備えた川崎医科大学附属病院と川崎医療福祉大学には幼い頃から魅力を感じていました。入学してから卒業・就職した現在に至るまで、教員、上司、先輩をはじめ川崎学園ネットワークの多くの方々から温かいサポートをいただき、安心して看護師として働くことができています。
日々先輩看護師の看護力の高さに刺激を受け、その姿を目標に勉強しつつある毎日です。

目の前にあることから目をそらさずしっかりと向き合う。

卒業生の声
本学は、講義や学内演習の充実さを感じ、しっかりと学びを得て国家試験・就職に進めるようカリキュラムやサポートが充実している点や、高度な医療を提供されている川崎医科大学附属病院で実習を経験させていただける点に魅力を感じました。さらに国際分野に興味を持っていた私は、海外研修などに取り組まれている点にも魅力を感じ本学進学を決意しました。

教員の声

実践力、友情、資格。すべてが夢へのライセンス。

教員の声
看護は人を対象に、知識や技術を用いて相手の立場に立って行う、実践の科学です。
看護を実践する場は、生活の場、働く場、療養の場、学びの場など多くの場があります。
教室で学んだ看護学の講義を実践力に高める看護学実習は、川崎医療福祉大学に隣接した川崎医科大学附属病院で主に行います。看護師の国家試験受験資格は全員が取得します。
それに加えて、保健師国家試験受験資格や養護教諭などのコースを選択して、取得することができます。
大学で看護を学ぶこと、友情を育むこと、1つ1つが夢を叶えるライセンスと専門職業人に向けた準備です。
保健看護学科で一緒に、夢に向かって歩きましょう。