保健看護学科 カリキュラム Department of Nursing

定められた基礎教育科目と専門科目を履修すると、看護師国家試験、保健師国家試験の受験資格、高校教諭一種免許状(看護)および養護教諭一種免許状が得られます。
専門科目では、保健看護論を中心に据え、看護基礎科学、看護ケア論、保健看護活動論、保健看護学実習で構成しています。
公衆衛生看護学コースで保健師国家試験受験資格、教職科目の選択で養護教諭、高校教諭(看護)の免許状が取得できます。

主要履修科目

保健看護学概論 [1年次]

保健看護学は、医療福祉の思想と理論を基盤に、保健と看護を統合したケアリングを追究する学問です。保健看護学の理論枠組み、専門職としての役割・機能、実践活動について総合的に学習し、看護職が保健・医療・福祉システムの中で自らのアイデンティティを保ちながら他の専門職と連携していくことの重要性を、歴史、役割、機能、ケア倫理、法制度、教育制度、国際動向を基に考察し、将来のあり方を展望します。

構造と機能Ⅰ [1年次]

人体の正常な構造と機能を理解するために必要な基本的事項を学修し、栄養の消化と吸収に関わる消化器系、呼吸に関わる呼吸器系の構造と機能について学びます。

看護ケア援助論Ⅱ [2年次]

看護ケア援助論Ⅱは、すべての看護学領域において基本となる科学的で実証的な教科目です。看護ケア援助論Ⅱではあらゆる看護場面に共通する基礎的援助技術として、診療時や検査時の看護技術を中心に学習します。講義ならびに学内演習と実技試験を行い、看護実践に必要な基本的な看護行為を学びます。

成人急性期看護学 [3年次]

急性期にある成人期の患者さんを対象に、疾患の特性や病態生理、機能障害を理解し看護の方法を学びます。特に、周手術期を中心とした看護全般にわたる共通の知識や技術、患者さんへの関わり方を講義や学内演習を通して学習します。

在宅看護論 [3年次]

在宅療養者とその家族の療養生活について理解し、在宅看護の目的・方法及び関係機関、関係職種の役割と連携について学びます。

小児看護学実習 [3年次]

小児が個性ある一人の存在であること、成長と発達の途上にあることを理解します。そのうえで、小児看護に関する概念、理論、知識、技術を活用しながら、健康問題を総合的に捉え、小児とその家族に対する看護を実践的に学びます。