感覚矯正学科 視能矯正専攻 受験生へメッセージ Department of Sensory Science Orthoptist Course

在学生の声

患者さんの日常を支える視覚のエキスパートを目指して。

在学生の声
コンタクトレンズを初めて使った時など、生活の中で眼科に縁を感じていたことが視能訓練士への興味のきっかけです。中・四国で唯一の視能について学べる大学で、オープンキャンパスの雰囲気がとてもよかったので本学を希望しました。視能訓練士はドクターと患者さんの間に立つ、眼科のチーム医療の要となる役割。「見え方」は人それぞれのため、実習などを通して学びが深まるにつれ、やりがいを感じています。ロービジョンケアなど、医療と福祉の両方から総合的に学べる充実したカリキュラムは本学ならでは。将来は患者さんの思いに寄り添えるやさしいエキスパートになりたいです。

卒業生の声

多様な検査を通して、チーム医療の充実を図る役目。

卒業生の声
現在は外来で眼科に関する一般検査を担当し、診療をサポートしています。3歳児検診や学会発表、論文執筆なども行っています。本学は実習室には検査機器が多数そろい、実践的な講義や実習ができる恵まれた環境でした。学生時代は陸上競技部に所属していたため、学業との両立は大変でしたが、学科や部活の友人の支えで乗り越えられました。その時に身に付けた忍耐力で忙しい今も乗り切っています。