• TOP
  • お知らせ一覧
  • 岡山県内の医学、福祉研究23件に「川崎医学・医療福祉学振興会」から助成金が贈られました

お知らせNews

2024/07/08 メディア 岡山県内の医学、福祉研究23件に「川崎医学・医療福祉学振興会」から助成金が贈られました

岡山県内の医学・医療福祉分野の研究者を支援する「川崎医学・医療福祉学振興会」が6月2日、2024年度の助成対象23件に助成金を贈りました。川崎学園で贈呈式があり、川崎医学・医療福祉学振興会理事長の椿原彰夫理事長(本学学長)が承認書と助成金を代表者に手渡しました。

本学からは以下の6名の先生方が助成を受けました。

先生氏名(所属)テーマ
黒住 菜美(臨床検査学科 講師)急性白血病の進行・悪化を阻止する新規治療法の開発
片岡 真吾(臨床工学科 助教)医療従事者を目指す学生を対象とした仮想空間でのトレーニングコンテンツの検討
田中 慎一(臨床検査学科 講師)細胞診断の自動化判定に関するテクスチャ画像解析の応用
濱田 大幹(健康体育学科 助教)水辺教育でのリアルタイム動画解析によるWater Safety Net AIの開発
松生 香里(健康体育学科 准教授)第37回 日本トレーニング科学会
芳賀 佳子(看護実践・キャリアサポートセンター 副センター長)2024年度 地域看護職員を対象とした一般研修(特別企画)
詳細は下記リンクをご覧ください。