教員紹介Faculty introduction

横光 健吾

横光 健吾よこみつ けんご

職名
  • 学部医療福祉学部 臨床心理学科 助教
就任日
2021年4月1日
URL

researchmap 横光健吾ページ

学位・主な資格

博士(臨床心理学)
公認心理師
臨床心理士

略歴

2003年
福岡県立小倉高等学校 卒業
2008年
同志社大学文学部文化学科 卒業
2010年
北海道医療大学大学院心理科学研究科修士課程 修了
2013年
公益財団法人たばこ総合研究センター 研究員
2014年
北海道医療大学大学院心理科学研究科博士後期課程 修了
2018年
立命館大学総合心理学部 特任助教

主な担当授業科目

  • 学部心理実習Ⅰ、心理実習Ⅱ、心理学実験Ⅰ

所属学会および
学会活動

2018年8月~
日本パーソナリティ心理学会 編集委員
2019年6月~
日本心理学会若手の会 幹事
2019年6月~
公認心理師の会 司法・犯罪・嗜癖部会 委員
2020年8月~
日本認知・行動療法学会 企画委員
2020年8月~
日本認知・行動療法学会 編集委員

専門分野
研究テーマ

ギャンブル障害に対する臨床心理学的研究
ICTを活用した遠隔心理支援

教育方針
研究指導方針

 何かを続けていくことは難しく、楽しいことだけではないです。
 自分が進むべき方向性も本当にこれで良いか、悩んでしまうことも多いでしょう。
 もちろん私自身もそうでしたし、これからもきっとそうです。
 大事なことは、成長のスピードは人それぞれですが、日々の生活で1cmでも、1mmでも自分が成長していることに、その都度気づくことができるか、それを成長と感じられるか、であると私は思います。
 一緒に切磋琢磨していきましょう。

自己紹介

 ギャンブルやゲーム、お酒は、これまで誰かに管理、または法律で禁止・制限されていたものですが、大人になるにしたがい、自らの意思で利用できるようになります。しかし、使い方を誤ると、私達の生活、人生を破綻させ、周囲の人達を巻き込む危険性があります。

 私の研究テーマは、健康な方々にはこれらとどうすればうまく付き合っていけるか、過度に従事している方々には、どうすれば減少させることができるか、です。