教員紹介Faculty introduction

軸屋 和明

軸屋 和明 じくや かずあき

職名
  • 学部医療技術学部 臨床工学科 特任教授
    医療技術学部 診療放射線技術学科 特任教授
  • 大学院医療技術学研究科 臨床工学専攻 指導教員(博士後期課程・修士課程)
就任日
2007年4月1日

学位・主な資格

博士(工学)

略歴

1971年
岡山大学工学部電気工学科 卒業
1988年
川崎医療短期大学 専任講師
1996年
川崎医療短期大学 助教授
2001年
川崎医療短期大学 教授
2007年
川崎医療福祉大学医療技術学部臨床工学科 教授
2007年
川崎医療福祉大学大学院医療技術学研究科 指導教員(修士課程)
2011年
川崎医療福祉大学大学院医療技術学研究科 指導教員(博士後期課程・修士課程)
2013年
川崎医療福祉大学医療技術学部臨床工学科 学科長(2015年まで)
2013年
川崎医療福祉大学医療技術学研究科臨床工学専攻 専攻主任(2015年まで)
2014年4月
川崎医療福祉大学医療技術学部臨床工学科 特任教授
2017年
川崎医療福祉大学医療技術学部診療放射線技術学科 特任教授

主な担当授業科目

  • 学部医用電気・電子工学Ⅱ、医用電気・電子工学実験
  • 大学院生体計測学特論Ⅰ・Ⅱ、生体計測学特殊講義、臨床工学特殊研究

所属学会および
学会活動

1974年6月~
日本生体医工学会会員
1974年12月~
電子情報通信学会会員

専門分野
研究テーマ

リハビリテーション工学、異常反射の定量化

主な教育
研究業績

社会活動

1998年4月~2004年3月
臨床工学技士教育施設協議会幹事
1998年4月~2005年3月
臨床工学技士試験委員
2005年4月~2006年3月
臨床工学技士国家試験出題基準作成委員

教育方針
研究指導方針

臨床工学科および診療放射線技術学科では卒業時に、それぞれ、一定レベルの臨床工学技士としての知識・技能および診療放射線技師としての知識・技能が必要とされます。私の教育方針は、繰り返しの講義に加え、演習を効果的に組み込むことによって講義内容を多くの学生に理解させることです。また、研究に際しては、成果が上がるように研究の範囲を絞り込むと共に、できるだけ学生への指導の時間やコミュニケーションの時間を多くとるつもりです。

自己紹介

1988年に(川崎医療短期大学に)臨床工学科が新設されると同時に専任教員となり、以来臨床工学技士の育成に携わっています。また、2017年の診療放射線技術学科の新設に伴って、診療放射線技師の育成にも加わることになりました。学生の幸せは国家試験の合格とこの資格を活かしての就職であろうと思っています。今後もこれが達成されるように微力を尽くしたいと思っています。