教員紹介Faculty introduction

小笠原 康夫

小笠原 康夫 おがさわら やすお

職名
  • 学部医療技術学部 臨床工学科 特任教授
  • 大学院医療技術学研究科 臨床工学専攻 指導教員(博士後期課程・修士課程)
就任日
1991年4月1日

学位・主な資格

工学博士
第二種電気主任技術者

略歴

1974年
関西大学工学部 電気工学科卒業
1982年
大阪大学大学院 工学研究科電気工学専攻 後期課程 単位取得
1982年
川崎医科大学 医用工学 助手
1991年
川崎医療福祉大学 医療技術学部 医療情報学科 助教授(併任)
1997年
川崎医科大学 医用工学 助教授
2002年
川崎医療福祉大学 医療技術学部 医療情報学科 教授(併任)
2004年
川崎医療福祉大学大学院 医療技術学研究科 教授(併任)
2007年
川崎医療福祉大学 医療技術学部 臨床工学科 教授

主な担当授業科目

  • 学部生体システム工学、電気工学概論Ⅰ・Ⅱ
  • 大学院医用生体情報工学特論Ⅰ、臨床工学特論Ⅰ、医用生体情報工学特殊講義

所属学会および
学会活動

1978年~
日本生体医工学会(代議員)
1982年~
日本超音波医学会(評議員、 超音波工学フェロー)
1983年~
日本循環器学会
1984年~
システム制御情報学会
1990年~
日本バイオレオロジー学会

専門分野
研究テーマ

生体医工学、生体情報工学、臨床工学
循環動態の計測・イメージングと解析・評価
生体シミュレーション解析

主な教育
研究業績

社会活動

2001年4月~2006年3月
「心疾患治療システム機器の開発」開発委員会 委員
2005年4月~2013年3月
財団法人 医療機器センター 臨床工学技士試験委員(幹事)

受賞歴

1984年4月
日本エム・イー学会 科学新聞賞・研究奨励賞
1986年10月
日本エム・イー学会秋季大会学術賞
1987年4月
日本エム・イー学会大会研究奨励賞
1990年5月
日本エム・イー学会論文賞(共著)
2002年12月
Outstanding Paper Awards(優秀論文賞)at International Congress on Biological and Medical Engineering, Singapore
2004年5月
西日本泌尿器科 重松賞(共著)

教育方針
研究指導方針

生体機能の計測・評価をテーマに新しい計測技術・機器の開発・応用から生体機能の解析、医学応用の研究を進めています。医療分野に応用する最新技術を理解し活用できるスペシャリストを目指して教育研究指導します。

自己紹介

私は、学生時代は電気工学を学んでいましたが、卒業研究に生体信号解析のテーマを選び、「生体の状態を知り、その仕組みを考える」ことに工学の技術・知識が使えるのに大変驚きました。それ以来、工学と医学に関わる生体医工学分野で研究・教育活動を行っています。