教員紹介Faculty introduction

山田 作夫

山田 作夫 やまだ さくお

職名
  • 学部医療技術学部 臨床栄養学科 特任教授
    医療技術学部 臨床検査学科 特任教授
  • 大学院医療技術学研究科 健康科学専攻 指導教員(博士後期課程)
    医療技術学研究科 臨床栄養学専攻 指導教員(修士課程)
就任日
2007年4月1日

学位・主な資格

薬剤師
博士(薬学)
日本化学療法学会抗菌薬臨床試験指導者

略歴

1975年
京都薬科大学薬学科卒業
1977年
京都薬科大学大学院修士課程修了
1977年
川崎医科大学微生物学教室助手
1994年
川崎医科大学微生物学教室講師
2003年
川崎医科大学微生物学教室助教授
2007年
川崎医療福祉大学医療技術学部臨床栄養学科教授
川崎医科大学微生物学教室准教授(併任)
2012年
川崎医療短期大学非常勤講師
2017年
川崎医療福祉大学医療技術学部臨床検査学科・臨床栄養学科特任教授

主な担当授業科目

  • 学部栄養微生物学、食品衛生・微生物学実習、微生物学、臨床微生物学、臨床微生物学実習
  • 大学院食品微生物学特論、食品微生物学演習、栄養微生物学特殊講義、栄養学演習Ⅰ・Ⅱ、健康科学特殊研究、特別研究Ⅰ・Ⅱ

所属学会および
学会活動

1975年1月~
日本細菌学会
1976年4月~
日本化学療法学会
1983年12月~
日本顕微鏡学会(旧日本電子顕微鏡学会)
1988年10月~
日本細菌学会中国四国支部(評議員)
1998年1月~
日本感染症学会
1998年4月~
日本顕微鏡学会(微生物研究部会幹事)
2000年3月~
日本化学療法学会(評議員)
2001年4月~2012年3月
日本顕微鏡学会(評議員)
2001年4月~2014年3月
日本顕微鏡学会(微生物研究部会責任者)
2005年9月~
日本化学療法学会西日本支部活性化委員
2006年9月~
日本ブドウ球菌研究会(運営委員)
2008年4月~2014年3月
日本顕微鏡学会和文誌編集委員
2010年4月~
日本食品微生物学会
2010年10月~
日本環境感染学会
2011年4月~
日本臨床分子形態学会会員
2011年4月~
日本臨床分子形態学会研究部会リーダー
2014年2月~2014年12月
日本顕微鏡学会論文賞選考委員
2014年4月~2017年3月
日本顕微鏡学会関西支部幹事
2014年4月~
京都薬科大学評議員
2016年11月
日本顕微鏡学会第59回シンポジウム実行委員長
2016年4月~2017年4月
日本顕微鏡学会技術功労賞専攻委員
2017年5月~
日本臨床分子形態学会評議員

専門分野
研究テーマ

微生物学
黄色ブドウ球菌抗菌薬耐性メカニズムの顕微科学的解析
消毒薬の抗微生物作用に関する研究

主な教育
研究業績

受賞歴

1997年9月
両備てい園記念財団研究助成
2000年6月
風戸財団2000年度研究奨励

教育方針
研究指導方針

教育の場において心掛けているのは、興味を持ってもらう、言わば勉学という“土俵に上がってもらう”ことです。そのために講義・実習に臨み創意・工夫を試みインパクトのある講義を目指しています。研究面では「黄色ブドウ球菌を制すればすべての細菌感染症抑制につながる」と信じ、研鑽を積んでいますが、まずは細菌を安全に取り扱えることから始めます。「講義はわかりやすく、人にやさしく」および「まずは挨拶から」がモットーです。

自己紹介

直接お目にかかって自己紹介したいと思います。