教員紹介Faculty introduction

市川 和子

市川 和子いちかわ かずこ

職名
  • 学部医療技術学部 臨床栄養学科 特任准教授
就任日
2016年4月1日

学位・主な資格

管理栄養士、病態栄養認定管理栄養士、NSTコーディネーター、病態栄養腎臓専門管理栄養士、糖尿病療養指導士

略歴

1976年
岡山県立短期大学食物科卒業
1976 年
川崎医科大学附属病院栄養給食部就職
2000年
川崎医療福祉大学臨床栄養学科非常勤講師
2005年
川崎医科大学附属病院栄養部課長
2013年
川崎医科大学附属病院栄養部部長
2016年
川崎医療福祉大学臨床栄養学科特任准教授

主な担当授業科目

  • 学部栄養教育論、栄養情報学実習

所属学会および
学会活動

1986 年6 月~現在に至る
日本透析医学会(コメディカル研究)委員
1976年6月~ 現在に至る
日本栄養改善学会委員
2005年6 月~2010年3月
日本褥瘡学会評議員
2008 年6月~現在に至る
日本糖尿病療養指導士認定機構理事
2011 年6 月~現在に至る
日本病態栄養学会理事

専門分野
研究テーマ

栄養教育
病態栄養(腎臓・糖尿病など)
慢性腎臓病患者の栄養管理

主な教育
研究業績

社会活動

2000年4 月~ 現在
腎臓病患者支援(講演会やイベント支援)
2010年 4月~ 現在
岡山県生活習慣病対策推進委員

受賞歴

1993年10月
岡山県病院協会功労賞
1996年6月
日本栄養改善学会賞
2004年10月
日本腹膜透析学会コメディカル賞
2005年11月
倉敷市長賞(栄養指導)
2008年6月
岡山県福祉部長賞(栄養指導)
2015年7月
岡山県知事賞(栄養指導)

教育方針
研究指導方針

できるだけ分かりやすく事例を挙げながら教育をしたいと考えている。そして、栄養に興味を持ち、人とのコミュニケーションを大切に育てたいと考えている。可能な限りより実践的に指導を行い、その成果を評価できるようにしたい。*腎疾患を中心に栄養管理効果を評価する。

自己紹介

永年、臨床の現場で栄養管理を行ってきましたのでその経験を活かして、学生にもその臨場感を伝えるべく授業と実習の懸け橋となりたいと考えています。