教員紹介Faculty introduction

永見 慎輔

永見 慎輔ながみ しんすけ

職名
  • 学部リハビリテーション学部 言語聴覚療法学科 講師
就任日
2017年4月1日
URL

researchmap 永見慎輔ページ

学位・主な資格

言語聴覚士
博士(医学)
修士(人間文化学)

略歴

2007年
リハビリテーションカレッジ島根 言語聴覚学科 卒業
2007年
広島市立病院機構広島市立安佐市民病院 リハビリテーション科 言語聴覚士
2009年
広島市立病院機構広島市立広島市民病院 耳鼻咽喉科頭頸部外科 言語聴覚士
2014年
県立広島大学大学院総合学術研究科 人間文化学専攻 修士課程 修了
2014年
京都大学大学院医学研究科 神経内科 特定研究員
同 京都大学医学部附属病院 先端医療機器開発臨床研究センター
2017年
川崎医療福祉大学医療技術学部 感覚矯正学科 助教
2017年
京都大学大学院医学研究科 臨床神経学講座 客員研究協力員
2018年
京都大学大学院医学研究科 呼吸器内科学講座 客員研究協力員
2020年
兵庫医科大学大学院医学研究科 生体応答制御系 生体機能学 博士課程 修了
2020年
川崎医療福祉大学リハビリテーション学部 言語聴覚療法学科 講師

主な担当授業科目

  • 学部言語聴覚障害概論、発声発語・嚥下障害学演習(ディサースリア・摂食嚥下障害)、構音障害Ⅰ・Ⅱ(器質性構音障害・機能性構音障害)、嚥下障害Ⅰ(小児摂食嚥下障害)、言語発達障害Ⅰ(脳性麻痺)

所属学会および
学会活動

2009年~
日本摂食嚥下リハビリテーション学会(評議員)
2010年~
日本言語聴覚学会
2012年~
日本リハビリテーション栄養学会(職能別検討委員)
2014年~
日本嚥下医学会
2017年~
日本ディサースリア臨床研究会(理事)
2017年~
日本音声言語医学会

専門分野
研究テーマ

摂食嚥下障害
成人構音障害・小児構音障害

主な教育
研究業績

社会活動

2012年~
未病フォーラム広島 世話人
2014年~
京滋摂食嚥下を考える会 世話人

教育方針
研究指導方針

学生に対する教育目標は「自由の中にけじめを持たせる」ことです。研究目標は、大学院生や共同研究者と共同し、臨床が変革するような革新的な方法論を生み出すことです。まずは、自分自身が挑戦する姿を示したいと思います。

自己紹介

島根県江津市出身です。紆余曲折して、大学教員になりました。言語聴覚士としては、広島県の急性期病院と京都府の研究機関で勤務していました。人生で培った経験を「教育の現場」で反映したいと思います。