教員紹介Faculty introduction

田口 豊郁

田口 豊郁 たぐち とよひろ

職名
  • 学部医療福祉学部 子ども医療福祉学科 特任教授
  • 大学院医療福祉学研究科 医療福祉学専攻 指導教員(博士後期課程・修士課程)
就任日
1991年10月1日

学位・主な資格

工学修士
医学博士
環境計量士
労働衛生コンサルタント
労働安全コンサルタント
日本人間工学会
認定人間工学専門家
日本公衆衛生学会認定専門家

略歴

1976年
岡山大学工学部工業化学科 卒業
1978年
岡山大学大学院工学研究科 修了
1978年
(財)淳風会健康管理センター
1987年
岡山大学医学部公衆衛生学講座 助手
1991年
川崎医療福祉大学医療福祉学部医療福祉学科 講師
1995年
   同  助教授
2000年
   同  教授
2017年
川崎医療福祉大学医療福祉学部子ども医療福祉学科 教授

主な担当授業科目

  • 学部公衆衛生学、労働衛生学、労働衛生管理学、人間工学、生活環境論
  • 大学院環境福祉学特論、産業保健福祉学特論、産業保健福祉学特殊講義

所属学会および
学会活動

日本産業衛生学会
日本人間工学会
日本社会福祉学会
日本公衆衛生学会
日本保育学会

専門分野
研究テーマ

労働環境とQWL(労働生活の質)
社会福祉施設の労働安全衛生
作業環境の生物学的モニタリング
子どもの安全環境

主な教育
研究業績

社会活動

2003年4月~
独立行政法人 労働者健康福祉機構 岡山産業保健総合支援センター 相談員

受賞歴

1992月9月
両備檉園記念財団表彰 生物学研究部門
「尿中代謝物による喫煙および受動喫煙の生物学的モニタリング」
1997年9月
両備檉園記念財団表彰 生物学研究部門
「生物学的モニタリングにおける測定方法の省資源化―カラムのセミミクロ化によるHPLC用溶媒使用量の低減―」
2001月5月
日本経営工学会論文賞
梶原康博、大崎紘一、宗澤良臣、田口豊郁:高齢者作業能力評価に関する研究。日本経営工学会論文誌、51(3):159-167

教育方針
研究指導方針

講義、ゼミ、演習、実習、卒論研究等を通して、(1)問題解決能力、(2)論理的思考能力、(3)コミュニケーション能力――を体得してほしいと思います。現実に遭遇する問題の多くは、複雑に絡み合った複合的問題であり、これらの解決には単に細分化された学問の理論研究だけではなく、統合化された知識・能力が求められます。教育・研究を通して、問題を自ら発見し、分析し、解決案を設計・評価する能力の養成を目指しています。

自己紹介

現在、我が国では、約6,500万人が就労しています。働く人の「健康」、「安全」、「福祉」をよりよい状態に維持・増進させることは重要なテーマです。QWL(Quality of Working Life:労働生活の質)の向上を目指して、労働者個人とその家族、および労働者集団の健康と福祉を考え、さらに、企業活動と地域社会との相互の関わりについて、健康、福祉、環境、安全の視点から研究に取り組んでいます。また、人間工学の視点から「子ども安全」に取り組んでいます。