教員紹介Faculty introduction

古賀 雄二

古賀 雄二 こが ゆうじ

職名
  • 学部保健看護学部 保健看護学科 准教授
  • 大学院医療福祉学研究科 保健看護学専攻 指導教員補佐(修士課程)
就任日
2017年4月1日

学位・主な資格

博士(保健学)
修士(看護学)
学士(看護学)
看護師・保健師
急性・重症患者看護専門看護師

略歴

2000年
大分医科大学医学部看護学科卒業
2000年
九州大学医学部附属病院看護師(~2003年)
2005年
東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科先端侵襲緩和ケア看護学博士(前期)課程修了
2005年
九州大学病院看護師(~2008年)
2008年
山口大学医学部附属病院看護師(~2015年)
2014年
山口大学大学院医学系研究科高度侵襲医療看護学博士後期課程修了
2015年
亀田医療大学看護学部看護学科講師
2017年
川崎医療福祉大学医療福祉学部保健看護学科講師
2018年
川崎医療福祉大学医療福祉学部保健看護学科准教授

主な担当授業科目

  • 学部成人急性期看護学、成人急性期看護学実習、救急看護学、重症・救急看護学実習、卒業研究Ⅰ・Ⅱ、災害看護学、家族看護論
  • 大学院看護研究方法論Ⅰ・Ⅱ、看護倫理学特論、医療福祉学特論

所属学会および
学会活動

2003年~
日本集中治療医学会会員(J-PADガイドライン検討委員会委員)
2004年~
日本クリティカルケア看護学会会員(せん妄ケア委員会担当理事、専任査読委員)
2006年~
日本看護科学学会会員(和文誌専任査読委員)
2014年~
日本看護学会査読委員
2016年~
日本看護研究学会会員
2017年~
川崎医療福祉学会会員
2017年~
日本救急看護学会会員(国際交流委員会委員、専任査読委員)

専門分野
研究テーマ

クリティカルケア看護、周術期看護
せん妄モニタリング法の開発
集中治療領域における医原性リスク管理
集中治療領域における看護・非薬理的ケアの可視化
集中治療領域における多職種連携
クリティカルケア看護の経済評価

主な教育
研究業績

社会活動

2012年~2015年
日本専門看護師協議会急性・重症患者看護専門看護師分科会活用促進委員
2017年~
岡山県クリティカルケア研究会副会長

受賞歴

2016年2月
第43回日本集中治療医学会学術集会 優秀演題
2016年7月
第37回日本炎症・再生医学会 編集委員会選出優秀演題
2018年6月
日本クリティカルケア看護学会 優秀論文賞

教育方針
研究指導方針

「考える看護職」の育成を目指し、自律的に学ぶことを支援します。

自己紹介

卒業後も議論ができる関係を、学生と築いていきたいと思います。