教員紹介Faculty introduction

岡崎 利治

岡崎 利治 おかざき としはる

職名
  • 学部医療福祉学部 医療福祉学科 講師
  • 大学院医療福祉学研究科 医療福祉学専攻 指導教員補佐(修士課程)
就任日
2014年4月1日

学位・主な資格

社会福祉士
精神保健福祉士
介護福祉士
成年後見人養成研修課程修了
スクール(学校)ソーシャルワーク教育課程修了
福祉用具プランナー研修課程修了
福祉住環境コーディネーター検定試験2級
メンタルヘルス・マネジメント検定試験Ⅱ種(ラインケアコース)
修士(社会福祉学)

略歴

1999年
吉備国際大学社会福祉学部保健福祉学科 卒業
1999年
医療法人社団新風会 相談援助職員
老人保健施設秀明荘、在宅介護支援センター秀明荘、玉島中央病院
2002年
九州保健福祉大学通信教育部社会福祉学部臨床福祉学科 助手
同 実習センター 実習センター員
2004年
九州保健福祉大学クオリティ・オブ・ライフ研究機構社会福祉学研究所 研究員
2004年
吉備国際大学大学院社会福祉学研究科社会福祉学専攻博士(後期)課程 中途退学
2006年
京都女子大学家政学部生活福祉学科 特任実習助手
2011年
日本社会事業大学実習教育研究・研修センター 実習講師
同 社会事業研究所 研究員
2014年
川崎医療福祉大学医療福祉学部医療福祉学科 講師

主な担当授業科目

  • 学部低所得者に対する支援と生活保護制度、福祉行財政と福祉計画、介護技術演習、ソーシャルワーク演習・実習指導、ボランティア入門
  • 大学院社会政策・社会保障持論、医療福祉経済学持論、地域保健福祉学持論

所属学会および
学会活動

2002年5月~
日本介護福祉学会
2002年7月~
日本社会福祉学会
2002年11月~
日本ソーシャルワーク学会
2005年3月~
日本地域福祉学会

専門分野
研究テーマ

【専門分野】
社会福祉教育
社会福祉哲学・思想
【研究テーマ】
高齢社会における福祉教育
社会福祉専門職の援助基盤

主な教育
研究業績

社会活動

2003年9月~2004年6月
宮崎県社会福祉士会 広報委員
2004年6月~2005年6月
宮崎県社会福祉士会 理事
2005年6月~2006年3月
宮崎県社会福祉士会県北ブロック 事務局長
2007年4月~2011年3月
京都社会福祉士会 実習指導者講習会実行委員
2011年4月~2014年3月
東京社会福祉士会 会員
同 多摩北ブロック 清瀬・東久留米社会福祉士会 会員
2015年4月~
岡山県社会福祉士会 生涯研修センター委員
2016年4月~
倉敷市社会福祉士会 運営委員
2016年6月~
備前市地域福祉活動計画策定委員会委員
2017年6月~
備前市地域福祉計画策定委員会委員
2017年6月~
岡山県社会福祉士会 公益事業開発委員会委員
2018年2月~
倉敷地域生活支援拠点運営協議会委員
2018年3月~
倉敷地域自立支援協議会委員
2019年6月~
岡山県社会福祉士会 理事
2019年6月~
日本社会福祉士会 生涯研修委員

教育方針
研究指導方針

多様な事例に対し、適切に迅速に柔軟に、利用者の最大の利益のために力を発揮することができるソーシャルワーカーに成るための基礎的な価値・知識・技術を自律的に学ぶ姿勢を養成したいです。また、社会福祉に関する専門的な学習だけではなく、一人の人間として、より良く生きるための方法を身につける実践能力を涵養することを目的とした教育を行いたいです。

自己紹介

ソーシャルワーカーは、社会環境の状況、福祉ニーズの変化、社会福祉の理念、援助方法、技術などの変化に対応しなければなりません。また、行政・法律・工学・健康科学・経営などと密接に関わっており、多様な知見を必要としています。そうした状況において、偏った福祉観に囚われない多様な価値観と知識を身につけ、かつ他者の価値観を認めることができる人間でありたいと考えています。