看護師特定行為研修を含む認定看護師教育課程

2020年度研修の様子

2020年4月3日に、「クリティカルケア分野」と「心不全看護分野」の2分野について「特定行為研修を組み込んだ認定看護師教育課程(B課程)」を開講しました。各分野、定員15名のところ、クリティカルケア分野17名、心不全看護分野18名が入学しております。

新型コロナウイルス感染症対策の緊急事態宣言を受け、6月~10月の約5か月間休講いたしましたが10月23日に授業を再開しました。現在、特定行為研修の共通科目の全課程が修了し、区分別科目の講義(e-learning)と演習に入っております。特定行為研修については両分野合同の学習となっており、お互い良い交流の場になっています。

心不全看護分野は12月14日から、クリティカルケア分野は12月15日から「認定看護分野専門科目」の講義・演習が始まり、翌年2月中旬まで続きます。各領域で活躍されている講師陣が授業を展開しますので大いに盛り上がることと期待しています。

年末年始の休暇予定

クリティカルケア分野
2020年12月29日(火)~2021年1月3日(日)
年心不全看護分野
2020年12月27日(日)~2021年1月3日(日)

新型コロナウイルス感染症対策上、学内の規定に基づいて帰省することになります。

  • 移動届の提出
  • 不要不急の旅行や外出は控えること
  • 健康管理の継続(体温、症状の有無等の記録)
  • 三密の回避(特に、会食やカラオケ店等の閉鎖空間への滞在、混雑する場所等)
  • 手洗い、うがい、マスクの着用等、基本的な感染予防行動の徹底
  • ご家族においても感染予防対策の徹底を周知すること 等